--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-21(Wed)

山の壽 純米吟醸 雄町生

CIMG2476.jpg
山の壽 純米吟醸 雄町生

初めて呑む銘柄です。

かなり前から,方々の素晴らしい評判を聞いておりました。

そろそろ吞みたいなと思っておりましたら,

同じ日本酒好きの同僚から譲っていただきました。


ありがたいことです。



いよいよ初家呑みです。

CIMG2477.jpg

このお酒のラベルは,

ぐるりと ほぼ 一回りしているんですね。

初めて見ました。


さて,さっそくいただきましょう。


CIMG2478.jpg

開けた瞬間から華やかで甘い香りが漂います。

これ程香るお酒はそれほどないような気がします。
                 
一口いただくと,

口に含んだ瞬間からフレッシュでジューシーな味わいを感じます。

トロピカルフルーツを彷彿させる甘みと,
                 
最後にほんのわずかに顔を出す苦み。

この奥行きのある旨みは而今を連想させます。

でも,而今とはまた違う味わい。
                 
嚥下する度に幸せな時間が訪れます。


こりゃ旨え!!!!


濃厚で厚みがありながら,

呑んでいて飽きさせない旨み。
                 
これは止まらないわ・・・。


あぶないあぶない。




3日目。

体調の都合で昨日は休肝日でした。

香りはもはや妖艶の域。


たまりませんね。

初日も旨かったんですが,
                 
今宵は桁違いの旨さです。


雑味と思われる要素は姿を消し,

透明感抜群で奥行きのある濃厚な甘みが,

どっしりと鎮座しております。
                 

この旨さって一体???


この驚きは,初めて而今を呑んだ時に似ています。

而今との違いは,やはり酸の出方ですね。
                 
あらためて而今の特長は甘みよりも酸であると認識できます。
                 


それはおいておいて,このお酒,

べらぼうに旨い。

この味わいは酸を伴わなくとも,

そのポテンシャルが発揮できる構造になっているんですね。
                 

それは苦みの出方なんじゃないかと思います。

お米が雄町だからかも知れません。



いつも応援,ありがとうございます。ものすごく励みになります。
よろしければ。↓

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村



プロフィール

星矢馬鹿酒

Author:星矢馬鹿酒
本当は毎日呑みたい! しかし,それがなかなか難しい。 だから,呑めるひとときを愉しみたい。きまぐれに呑んだ酒を綴る。

カレンダー(月別)
02 ≪│2012/03│≫ 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事+コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。